インフォ
  • お買い物ガイド
キャンペーン・新着情報
2019.06.03

山田製油の挑戦!! 

さくさくポリポリが止まらない! 第1弾【 あじごま 】

~へんこ社長のブログより~

 

山田製油は「もったいない」に挑戦しています。

それは食品ロスを原料として新たな製品を生み出すことです!

 

現在日本では年間600万トン以上の食品が廃棄されています。

例えば節分の恵方巻きなど消費期限や賞味期限切れた食品の廃棄や

我々食品製造企業の製造過程での不良品などの他に、

家庭では野菜の皮の剥きすぎも含まれています。

その量は、国連WFPによる世界全体の食糧援助量(2014年)の

約2倍にあたる膨大なものです。

 

山田製油ではこれまで、胡麻油の品質を一番絞りに限定し

苦みや焦げ臭のない高品質の胡麻油を製造販売していました。

原料の胡麻には約50%の油分が含まれていますが、

一番絞りではその油分の半分程度しか搾油できません。

残りの油粕は、無農薬栽培の茶畑の肥料や抗生物質などを

餌に加えない平飼い鶏の飼料として販売し、廃棄する物が

ない事で環境に考慮していると考えていました。

 

しかし、食品廃棄が社会問題になっている数年前からは、

まだ食べられる部分の残っている一番絞り後の胡麻を、

肥料や飼料としてのみ利用している事に疑問を持つようになりました。

 

そこで、一番絞り後の胡麻を原料とした新たな製品の研究開発に

取り掛かり、試行錯誤を繰り返す中「エキストラバージンごま油」の

搾油後の胡麻を使った製品開発に成功したのです。

それらが、ごまプードルやごま菓子・ごまクッキー・ごまグラノーラ

などの製品です。

 

圧力をかけすぎない一番絞り製法では胡麻の形が残っています。

しかし、油分の約40%が絞られているため、脂質が約54%・

カロリーが約29%カットされ、カルシウムは2倍以上・植物繊維も

約30%多くなっています。

今回ご紹介する新商品「あじごま」は、シンプルな醤油と甜菜糖だけの

味付けですが、油分が抜けた胡麻に味が入り、オーブンで仕上げたことで、

サクサクとした食感を楽しんでもらえます。

ふりかけはもちろん胡麻和えサラダのトッピング・そのままお子さんの

おやつや、お酒のおつまみとしても美味しいです。

ちなみに私や飲み友達の感想は、『お酒を飲む前に一袋食べておくと

悪酔いしない』とのことです。

 

 

最後になりますが、「エキストラバージンごま油」と「あじごま」はじめ

一番絞り胡麻を使った製品には、食品ロス削減以外の役割もあります。

 

近年、世界的な食用油の需要増大や数年前まで胡麻の輸出国だった

中国の目覚ましい経済発展で今や世界一の胡麻輸入国となった事や

栽培国の天候不良・紛争などにより、需給バランスが崩れ価格も急上昇

しています。

 

しかし国内市場では原料だけでなく、運送費や資材が上昇している

にも関わらず、長期のデフレ経済や上がらない所得で製品の値上げが

難しいのが現状です。

しかし、「エキストラバージンごま油」と一番絞り後の胡麻を原料とした

加工製品を販売することで、当社も値上げをせず利益を確保することが

可能となります。

値上げをしないことで『消費者の皆さんに』

食品ロスを削減することで『地球環境に』

当社の経営が安定することで『雇用や設備投資の増大に』と

「三方良し」が可能となります。

 

自社の儲けだけを考える時代は終わりました。

他の食品製造業のモデルになれるように、これからも挑戦していきたいです。

そして、是非『 あじごま 』を召し上がってみてください!

 

『あじごま』の購入はこちらから

 

 

記事一覧に戻る

よろしければシェアをお願いします!!
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
お買物ガイド
SHOPPING GUIDE

ご注文はインターネット・お電話・ファックスから承っております。
なお、休業日中の受注メール・お問い合わせは翌営業日に返信させていただきます。
※ご注文は24時間年中無休で受け付けております。

Copyright © 株式会社山田製油 All rights reserved.

ページトップへ