インフォ
  • お買い物ガイド
2019.01.22

鯖カレーから考える商売とは

昨晩は鯖缶とジャガイモ、にんじんを炊いた一品を作りました。また、翌日の朝ごはんと弁当のことも考えて多めに作っておきました。

私の貧相な調理知識から応用できる料理は、カレーになってしまいます。まずは朝カレーを食べて、お弁当もカレーにしました。

「男の弁当」の基本技は、ご飯の上にオカズをかけることなのですが、カレーはルーが染み込んだご飯が固くなってしまいます。カレーの時は別々の容器にした方がよいと思います。また、すぐきを副菜として添えました。

さて、鯖カレーに欠かせない山田製油の製品は、練り胡麻とクッキングセサミオイルです。練り胡麻はコク出しに使います。クッキングセサミオイルに関しては、調理油として最高だと思っています。

山田製油としても、クッキングセサミオイルを重点的に販売する方針なのですが、聞きなれない名前も原因して販売に苦戦しています。販売スタッフ達も、他の胡麻油との違いや、市場で出回っている太白胡麻油との違いなどを説明しなければならないとの思い込みなどもあり、売り方が掴みきれていません。

私は、常日頃から料理で使っている経験から、クッキングセサミオイルに優る調理油はないと思っています。
原材料の選定や製造方法、自分自身の使用感など自信を持てる製品なので、その思いをしっかり伝えたらよいたけでないでしょうか。
噂ばなしですが、大手製パン会社の経営者は自社の製品を食べないと聞いたこともあります。また、農家では出荷用の野菜と自家消費の野菜では、農薬使用料を変えておられる所もあります。
私は、自分が安全、安心を確認して、美味しいと思う商品を売るだけでよいと考えています。そんなシンプルなことが商売ではないでしょうか。
また、今回のネタとは関係ないですが、山田製油の社員のインセンティブの一つに、嘘偽り、誤魔化し、無理押しをしない自分でいられることです。そんな会社で皆さん働いてみたくないですか?

記事一覧に戻る

よろしければシェアをお願いします!!
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
お買物ガイド
SHOPPING GUIDE

ご注文はインターネット・お電話・ファックスから承っております。
なお、休業日中の受注メール・お問い合わせは翌営業日に返信させていただきます。
※ご注文は24時間年中無休で受け付けております。

Copyright © 2019 ごま油なら京都の株式会社山田製油 All rights reserved.

ページトップへ