インフォ
  • お買い物ガイド
今日(京)のおばんざいなぁに
2018.11.17

カルパッチョ!~くっきんぐせさみおいる仕立て

十一月中旬となり、
晩秋の気配を感じるようになってきました。

日中は日差しが暖かですが、朝晩は冷え込みます。
一日の寒暖差が大きくなってきたためか、
紅葉も色鮮やかになってきました。

京都には、嵐山、北野天満宮、神護寺、妙心寺、大徳寺、
清水寺、南禅寺、東福寺、光明寺、醍醐寺…等など、
数多くの紅葉の名所があります。

また、有名な寺社でなくとも、通りの街路樹や、名もない所にも、
いろいろな場面で紅葉が楽しめます。
かえでの燃える様な紅色、桜紅葉の赤色、
まばゆいような銀杏の黄色…美しい季節の到来です。

さて、紅葉が美しくなるこの季節といえば、
ボジョレーヌーボーの時季。
今年の解禁日は、11月15日でした。

早速楽しまれた方もいらっしゃるでしょうね。
きょうは、ボジョレーヌーボーに合う、簡単なおつまみを
ご紹介いたします。

ボジョレーは、一般的なワインよりも熟成期間がずっと短いので
ぶどうの風味がフレッシュ。
赤ワイン特有の渋みも少ないので、あっさりした味わいのおつまみと
よく合うようです。

こちらは、スモークサーモンと生ハムのカルパッチョ。
どちらも相性ピッタリです。

カルパッチョといえば、オリーブオイルをかけるイメージが
強いかもしれませんが、
きょうは、くっきんぐせさみおいるで仕上げてみました。

くっきんぐせさみおいるで、素材の味を引き立ち、、
そして、まろやかで口当たりがよくなります。
シンプルながら、味わい深い一品、是非お試しください。

◆ カルパッチョ~くっきんぐせさみおいる仕立て
【材料】
スモークサーモン・生ハム 各60~80g
A【くっきんぐせさみおいる 大さじ1強、 酢 大さじ1~2、
うす口醤油 小さじ1/2、 塩・こしょう・砂糖 各少々】
水菜 適宜、 玉ねぎ 小1/2コ、 黒オリーブ 少々
みょうが・トレビス 各少々

【作り方】
1.Aを混ぜておく。(酢や砂糖の量は、味を見て…)
2.玉ねぎは薄切りにして、さっと水にさらして
しぼっておく。
3.みょうがは斜め薄切り、黒オリーブは薄輪切りにする。
4.器に水菜をちぎってしき、上に、スモークサーモンを
並べてひろげ、 玉ねぎスライス、みょうがをのせて、
1を全体にかける。
5.器に水菜とちぎったトレビスをしき、上に生ハムを
並べて広げ、玉ねぎスライス、黒オリーブをのせ、
1を全体にかける。

※ 野菜は、他にも、ベビーリーフ、スプラウト、
きゅうり等、お好みのもの、お家にあるものでどうぞ。

【今回使用したのはコチラ】

cooking sesami oil

くっきんぐせさみおいる

 

記事一覧に戻る

よろしければシェアをお願いします!!
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
お買物ガイド
SHOPPING GUIDE

ご注文はインターネット・お電話・ファックスから承っております。
なお、休業日中の受注メール・お問い合わせは翌営業日に返信させていただきます。
※ご注文は24時間年中無休で受け付けております。

Copyright © 2018 ごま油 ごま製品は京都の株式会社山田製油 All rights reserved.

ページトップへ